2017年12月14日木曜日

落葉樹の剪定



冬は落葉樹剪定の適期、という事で迫る寒波に負けず頑張っております。

葉が無い事で作業効率が良いだけでなく、樹にとっても負担が少ないのが適期の理由です。
細かく透かす程度なら夏季でも出来ますが、剪定量が1/3を超えるようであれば冬季に行う方が良いでしょう。


植えた木では、成長の過程で枝が絡んでしまいがちです。この写真は施工前。やはり枝同士擦れていました。





葉が展開した時を想像しながら枝を抜いていきます。

幸いこの現場では大きく育てる事が出来るので、切り詰める事なく樹形を保てました。

風通しが良くなれば、アブラムシやカイガラムシ、すす病なども付きにくくなります。



その他、建物や電線に触れている枝や桜のてんぐす病なども冬季剪定の対象です。

随時承っておりますので、 ぜひご相談ください。


2017年12月12日火曜日

サイパンレモンの花 

寒くなって来たため、室内で育てているサイパンレモン。

次々に花芽をつけ始め、咲き始めました。

前回咲いたのが6月、その際結実したのが今付いている実。

どうやら年2回、収穫できるようです。

今回70個以上も花芽をつけました。それに夏季にアゲハの猛攻に見舞われ葉を失われたことも加味すると疲れてしまうんじゃないかと思いますがどうでしょう。

この時期の室内では、昆虫による受粉ができないため梵天付き耳かきでポンポンしています。 付きすぎた実は摘果する予定です。


レモンの花は芳香があり、部屋に入ると優しくふわっと香ります。









2017年11月23日木曜日

冬仕度

石畳テラスの庭も2度目の冬が来ます。

冬囲い、と言っても、縄で枝をまとめる程度です。落葉樹の庭はその程度で十分です。


半日ほどで作業を終えました。







朝日に照らされて、木立の影とテラスの目地の陰影が際立っています。

石も風雨と紫外線で色合いが落ち着いて来ました






苔を貼って2年で、さらに増えて来ました。

適度な日照と川からくる湿り気を含んだ風で環境がいいのでしょうか。いつ来ても苔の具合が素晴らしい。

経年変化と成長が楽しめる庭です。





2017年11月21日火曜日

冬仕度







庭の冬仕度が始まりました。


ストーブがありがたい季節です。

猫たちも気持ちよさそう。

2017年11月16日木曜日

河辺を散策

来春の植栽準備で河辺に来ています。


今日は施主さんの計らいで午後から河辺を散策。


こんなところがあったのかと、感動です。


岨谷峡(そうやきょう
 絶壁に樹木が力強く根付いています。

厳しい環境でけやきの群落を作っていて、他の植物が入り込めそうにありません。
きっとこの地の極相なんだと思います。








殿渕


とっても澄んでいて綺麗ですが、時期が良ければもっと澄んでいるようです。



伏伸の滝


この時期でも心地よく感じたので、新緑の頃はどれ程気持ちのいいことでしょうか。

春に確かめに行きます。


2017年11月13日月曜日

銀杏山神社

毎年訪ねています。 今年は少し遅れたためほとんど落葉していました。










2017年11月8日水曜日

日景温泉


平川市で、来春使う材料の仕入れを終えたあと、日景温泉へ行きました。

リニューアルしてから初めてです。


ここは本当、いい湯です。